サイトメニュー

知っておきたい副作用とは

カウンセリング

ボトックスの副作用について

ボトックスは注射1本で小顔になれるとても便利な美容整形で有名ですが、副作用もあるので施術前に理解しておきましょう。まず、一番多い副作用として挙げられるのが、内出血です。注射が血管にぶつかると内出血が起こります。内出血が起きても身体に害はありませんが、1週間ほど後に残る場合があります。内出血は医師が注意していても起こってしまうことが多い副作用です。ある程度は仕方ないと割り切ってしまいましょう。人に見られて気になるときはマスクや化粧で隠せる程度です。副作用の可能性は他にも、ボトックス注射をしたところの筋力が低下してしまうということがあります。筋力が低下してしまうと、表情が動きにくくなり、笑った時に引きつったり、まぶたが重く視界を遮ったりしてしまうことがあります。その症状は眼瞼下垂といいますが、ボトックスの効果がなくなるとともに消失します。2週間ほどでよくなることがほとんどです。また、だるさや倦怠感などの副作用が出ることもあります。ボトックスを注射する部位によっては、脱力感や微熱を併発することもあります。この副作用の場合も時間と共によくなることがほとんどですが、気になる時には受診しましょう。シワの改善を目的として、ボトックス注射をした時の副作用として、顔の引きつりを感じることがあります。この副作用も時間が経つと良くなりますが、そもそも副作用に悩まないためにも、信頼できる美容整形外科を選ぶことが重要です。なぜなら、ボトックスの適切な量と濃度をわきまえていれば、副作用がおこる可能性は少ないからです。副作用を起こさないようしっかり配慮して注射ができる場所を選んでください。