サイトメニュー

ボツリヌストキシンとは

医者と看護師

しわやエラに効果があるボトックスですが、ボツリヌストキシンとはどう違うの?と疑問に思う方も多いと思います。そんな方の為に、ボトックスとボツリヌストキシンの違いについて紹介します。

ボツリヌストキシンは成分名です。ボツリヌス菌を精製したタンパク質で、筋肉の働きを抑えるので、しわやエラに効果があるのです。ボトックスはそのボツリヌス菌を使用した製剤のことを言います。また、そのボツリヌス菌製剤の中でもアメリカ製の物をボトックスと呼ぶことが多いです。アメリカ発症の製剤のため、一般的な製剤ですが、最近では他の国でも製造されるようになりました。日本の美容整形外科では、ボトックスと読んでいても、実はアメリカ以外の製剤を使っているということもありますので、気になる人は確認しておきましょう。製剤の製造メーカーによって少しづつ効果が違うとも言われています。始めに一般的なボトックス、アメリカ製のものについて解説します。アラガン社という大手製薬会社から製造されており、ボツリヌストキシン製剤では一番のシェアで安全性や効果も高いとされているので、安心感があります。同じメーカーからボトックスビスタという商品が発売されていて、同じ効果と安全性です。日本の美容整形外科では、ボトックスというとこのボトックスビスタが使われていることが多いです。韓国のヒューゲル社が開発したボツリヌストキシン製剤は、Regenox(リジェノックス)といいます。ボトックスよりも安く効果が下がりにくいということで、美容クリニックで使われていることが多いですが、安全性が疑問視されています。他にも韓国のメディトックス社が製造したボツリヌストキシン製剤はNeuronox(ニューロックス)です。痛みが強く効果が弱いですが、料金が安いので普及しています。副作用が心配ですね。一方で、高級志向のボツリヌストキシン製剤もあります。ドイツのメルス社が製造したゼオミンです。純度が高く、効果があわわれるのが早いです。しかし、かなり料金は高くなります。ゼオミンは繰り返し注射しても効果が下がりにくいのもメリットです。このようにボトックス以外にも様々なボツリヌストキシン製剤がありますが、自分で判断して、後悔しない施術にしましょう。